情報収集の方法を知る

株式会社の情報を収集する方法には、さまざまなものがあります。情報収集の方法を把握することによって、勉強方法の幅も拡げることができるでしょう。

ひとつ目の方法は、「四季報」によるというものです。四季報は、最大手や投資信託に対する情報が掲載されている出版物であり、1年に4回刊行されている。四季報にも複数の種類がありますが、株式投資では「会社四季報」が活用されているケースが多くなっている。

会社四季報には、業界担当記者の業績予想なども掲載されている。つまり、初心者においてあっても、会社四季報を敢然とよむことによって、大方の予想を立てることが可能となります。

次の方法として、「ホームページの情報」も、株式会社の情報収集に活用できる媒体と言えるでしょう。現代のインターネットにはさまざまな情報が掲載されてあり、情報の速報性も大きい傾向にあります。もちろん、株式に対する基本的な知識に関しても、インターネットを最大限活用すれば学べるでしょう。ただし、インターネットに掲載されている情報は、全てが真実とは限りません。「嘘の情報」が含まれている恐れもあり、そんな情報を信じてしまうと、株式投資に失敗してしまう心配が高まります。したがって、情報の真実味は細心の注意を払う必要があるでしょう。

ほかにも、株式会社の情報は、新聞やマガジンなどの雑誌、株価チャートなどで収集することができます。さまざまな方法を努め、自分に当てはまる情報収集法を分析して下さい。

投資のデメリットとは